子育て世代注目の街に住む

女性

歴史と都会が調和する街

宇治市は京都府の南部に位置する古くから栄えていた都市である。京都市の南隣であり、現在は不動産取得による定住者が多いベッドタウンとして栄えている。市内にはJR奈良線とそれに平行する近鉄京都線・京阪宇治線・京都市営地下鉄が通っている。そのため京都市内のみならず、大阪へのアクセスもしやすくなっている。現在、宇治市の平均坪単価は約39万円となっており、不動産を比較的取得しやすくなっている。近年は京阪宇治駅エリアの地価が高くなってきているなど、京阪や近鉄など私鉄沿線よりはJR沿線や鉄道から少し離れたところの方が不動産がより取得しやすくなっている。このような街は治安もよく、また教育・文化にも力を入れているため非常に住みやすい。さらに、宇治市は国道24号線を中心にほどよく都会化もされているため、その快適さは比較にならないほどなのだ。このように、宇治市は特に子育て世代にとっては不動産の取得による定住を検討する価値が非常にある街である。宇治市で不動産を探すにも様々な方法があるが、その中でも、不動産会社に依頼して探してもらうのが一般的となっている。不動産会社には沢山の物件が扱われており、住みたい物件の条件を伝えることによって、その条件に適した物件を紹介してもらえるのだ。また、不動産会社に探してもらうことにより手間や時間が省けるのである。なかなか探す時間が取れない人や希望する物件が見つからないといった人は、一度不動産会社に相談してみるとよいだろう。