物件の購入の流れ

レディ

物件探しから引越しまで

物件選びから実際に引越しをするまでに、半年程度かかるのが一般的です。しかもタイミングよくいい物件に巡り会えるとは限らないので、物件探しの期間を長く設定することが大切です。最初にどんな物件に住みたいかイメージして、条件を決めておくと探しやすくなります。焼山に物件を購入するときにも、余裕を持って物件探しを始めることをお勧めします。遠方に住んでいるなら、不動産会社のサイトで物件検索するのが便利です。焼山の近くに住んでいるなら、焼山の不動産情報誌を手に入れれば、売り出している物件をチェックすることができます。良い物件があったら内覧の申し込みをします。中古物件の場合はリフォームが必要な個所をしっかり確認することが大事なポイントです。そして焼山で気に入った物件があったら、不動産会社の営業マンと価格交渉をします。購入申し込みをする前に価格の折り合いをつけておくことが大切です。最終的に条件がまとまったら、売り主との間で売買契約を締結します。売買契約が成立すれば、自己都合によるキャンセルは不可能です。原則的に支払った手付金は返金されないので、じっくり吟味して後悔しないように契約を結ぶことが大切です。不動産は高価な買い物なので、ほとんどの場合住宅ローンを組んで購入します。そのため、住宅ローンの審査を受ける必要があります。審査を申し込んで承認を得たら物件価格を住宅ローンで支払います。物件の引き渡しをうけたら、あとは荷物をまとめて引越すだけです。